« 鮭のクリームスパゲティ | トップページ | 鳥と野菜の煮物 »

なすの味噌炒め

3月7日(水)のお昼ご飯

なすの味噌炒めはよくお昼ご飯に登場します。
ボリュームもあるし、ご飯によくあうおかずです。
っという理由もありますが、私の大好きなおかずのひとつでもあります。
なすを見ると、ついつい味噌炒めを作ってしまいます。
パブロフの犬状態といえるかも…(^^;)

なすの90%以上は水分ですが、その他に、ビタミン、カルシウム、鉄分、カリウム、食物繊維を含んでいます。
また、ナスの色素である「アントシアニン」や、灰汁(あく)である「クロロゲン酸」は効酸化成分「ポリフェノール」の一種です。
「ポリフェノール」とは、抗酸化物質のことです。
ほとんどの植物に含まれ、光合成によってできる色素や苦味(灰汁)成分は、「ポリフェノール」の一種です。
「良薬口に苦し」といいますが、まさにそうですねぇ。

20070307

<本日のメニュー>

なすの味噌炒め、野菜の千切りサラダ、ゆで卵、おかゆ、わかめと豆腐の味噌汁、きゅうりのぬかづけ

« 鮭のクリームスパゲティ | トップページ | 鳥と野菜の煮物 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/167251/5600528

この記事へのトラックバック一覧です: なすの味噌炒め:

» カリウム [カリウム]
カリウムは、ナトリウムと関係の深いミネラルです。カリウムのはたらきは、細胞を正常にするものです。細胞は、その内液と外液の浸透圧によって... [続きを読む]

« 鮭のクリームスパゲティ | トップページ | 鳥と野菜の煮物 »